日美について

ホーム > 日美について > 会社概要・沿革

会社概要・沿革

会社概要

商号
株式会社 日美
創業
昭和21年10月
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役社長 小法師 好昭
取締役 瀬尾 暢宏
所在地
広島県広島市中区舟入中町7番1号 藤和舟入中町ハイタウン1F
TEL 082-532-2200(代表)
FAX 082-232-7733

社員数
15名
主要取引先
  • 株式会社アドプレックス
  • 株式会社ユニバーサルポスト
  • 株式会社日本ドリコム
  • 株式会社インパルスコーポレーション
  • 株式会社DNP西日本
  • 日本通運株式会社 広島支店
  • 三井不動産リアルティ中国株式会社
  • 西川物産株式会社
  • 西川デザインテクノ株式会社
  • 広学図書株式会社
  • 株式会社第一学習社
  • 株式会社広告通信社
  • 株式会社コンスタント
(順不同)
関連会社
  • 株式会社ニューロード
  • フィクスコミュニケーションズ株式会社
  • アンディワークス株式会社
  • 株式会社アイム

沿革

昭和21年10月
呉市にて村上グラフィックデザイン社を創業。
昭和36年6月
事業拡張のため広島に進出。
昭和40年11月
法人組織に変更。有限会社日美を設立。
昭和60年11月
人員増加にともない中区小町に事務所移転。
昭和62年3月
業務拡張のため、株式会社日美に改め組織化に着手。
平成4年11月
印刷業界のデジタル化に先駆けて、マッキントッシュの入・出力、機器の販売、オペレーティング講習などの業務を中心とした、有限会社ニューロードを100%出資で設立。
平成9年2月
原爆ドームの世界遺産登録を記念し、産興株式会社と共同出資でミニチュア・プラモデルを企画製作し、広島市平和文化センターに納入、平和公園にて販売開始。
平成12年7月
新しい雇用体系作りの創出を考え、フィクスコミュニケーションズ株式会社の本社を福岡市中央区に資本金2,300万円(87%出資)で設立。
平成13年11月
創業55周年を迎える。全社員による社長選挙を行う。
平成14年4月
投票の結果をふまえ二代表制で小法師会長、井上社長の新体制に移行。
平成16年7月
新事業として、広島空港内にカレーハウス「GALLEY」を開店。
平成16年9月

新ロゴマーク採用。

& NICHIBI
平成19年2月
広島空港ビル内に、カレー&ドリンクショップ「ギャレー」をオープン。
平成19年10月
環境事業部を新設する。
同時に、株式会社カネヒロデンシ社製LED照明器具の販売一次代理店となる。
平成21年12月
社内効率の一環として、営業・企画部門、空港事業部の独立を目的とし、アンディワークス株式会社を広島市南区段原に資本金900万円(78%出資)で設立。
平成24年5月
社内組織の見直しを図り、取締役会にて、代表取締役社長に小法師好昭を選任。
平成27年4月
業務拡張のため、中区舟入中町に事務所移転。