環境事業部 LED照明について

ホーム > LED事業(LED照明について)

電気代節約、長寿命、環境にやさしい照明器具 LED照明

LED照明でeco(節電)経営!

2010年4月『改正・省エネ法』により、企業が社会的責任を果たすことは『当然』のこととなった最中、
2011年3月11日の『東北地方太平洋沖地震』で想定外の災害を受け、発電能力が大幅に低下し、
オールジャパンでの徹底した節電を迫られています。
カネヒロデンシでは消費電力の低いLED照明を、できる限り既存の灯具を利用することで
イニシャルコストとランニングコストの両面で削減できる上に、
『安全・安心』にも配慮したご提案をさせていただきます。
これにより、ムダな経費を省くとともに、消費電力、CO2削減という社会的責任を果たす
お手伝いをさせていただければと思います。

●LED(発光ダイオード)とは

LEDとは、Light…『光る』、Emitting…『出す』、Diode…『ダイオード』のそれぞれの頭文字を略したもので、電気を流すと発光する半導体の一種で、発光ダイオードとも呼ばれています。
地球環境保護の観点から一般用照明として使用できる長寿命、省エネ、省資源を目的としてLED照明器具の開発が進められ製品化されました。

LEDの寿命

LEDは半導体そのものが発光するという特性上、白熱灯のようにフィラメントが切れて点灯しなくなることはありません。しかしLEDチップやチップを封入している樹脂などの素材が劣化することにより、使用とともに光の透過率が低下し、光束減退が生じます。
LED照明器具の寿命は、LEDが点灯しなくなるまでの時間ではなく、周囲温度25度においてLEDの輝度が初期の値と比べ70%になる時間を寿命と表現しています。

●温暖化ストップ!

人間が生活する上で、化石燃料の使用が増え、大気中の二酸化炭素(CO2)など、地球温暖化の原因となっている温室効果ガスの濃度が増加しています。
温暖化が進み、地球表面温度が上昇すると私たちの生活にも、いろいろな面で大きな影響を受けます。

小さな環境で、大きく変わるCO2の削減

経済が成長する過程において、経済活動の活発化に伴いCO2の排出量も増加するという皮肉な結果となっています。
ここでまず考えなければならないことは、各企業が自社内で可能な環境対策に積極的に取り組むことが必要になってきたと思います。
私たちの快適な生活のために、未来の子ども達のために出来ることから始めませんか。

●CO2削減やコスト削減をお考えの企業(オフィス・工場・駐車場など)の皆様に安心して結果が出せる提案。

LEDの特性を生かした第4世代の照明。特許出願構造により放射熱が高いので安心してご使用頂けます。